鎖の長さが東京タワー級!?

Jan. 15.2020

鎖の長さが東京タワー級!?

 

その大きさに圧倒される、電気チェーンブロック。驚くのは大きさだけではありません。使用するチェーンの長さが300mを超える、とても珍しい製品だそうです。今回は特殊班の内藤剛班長にご案内いただきます。

製造業はもちろんのこと、エンターテインメントや食品工場など、さまざまな産業、用途で使われる製品を毎日手がけています。
つり荷を上げ下げする最大の距離を「揚程」といいます。この製品は定格荷重15t、揚程50m。これだけ長い揚程の電気チェーンブロックは、めったにお目にかかれない珍しい製品です。

15tのつり荷を50mも上げ下げするわけですから、必要なチェーンの長さは300mにもおよび、重さも800kgを超えます。これだけのチェーンを収納するバケットも当然、巨大になりますね。
バケットが大きい分、巻上げ下げの振動でフックやロードチェーンに当たり、傷がついてしまう恐れがあります。そのため、バケットを4本のスリングで固定し、さらに揺れを防止するためのスリングを2本取り付けました。

DSC_1818

ホイストを取り付けるツリイタはオーダーメイド。ほかにも屋外で使われるため、電源ケーブルやオーバーロードリミッターなど、電装部分を中心に特殊なパッキンで防水しました。
組立が終わったら、次はいよいよ荷重試験です。

お客様に安全にお使いいただくため、設計から製作までキトーの技術を駆使して、心を込めて作りました。お客様の用意された専用の収納箱に収まって、出荷の準備もばっちりです!
また一台、記憶に残る製品を送り出すことができました。

Related Posts

image

空飛ぶ救急救命「ドクターヘリ」

  緊急要請を受けて、一刻も早く患者さんを搬送する「ドクターヘリ」。ビジネスジェットやヘリコプターの運航業務を手がける静岡エアコミュータ株式会社様のご厚意で、普段見ることのできないドクターヘリの組立の様子を見学してきました。

Dec. 20.2019

Read more
image

「楽しむことが結果につながる」     

  特殊班は、お客様のご要望に応じて一品一様で設計された製品の組立から最終検査・出荷までを担います。特殊班で8年の経験を積み、検査ラインのリーダーを務める池田勇樹(いけだ ゆうき)さんにお話を伺いました。   「作り手にとっては何百分の一台でも、お客様にとってはオンリーワンの製品。『自分がこの製品を受け取ったら満足できるか』いつも問いかけています」。     出荷前の検査工程を受け持つ池田さんは、まさにキトー品質を守る最後の砦。正常に稼働するか、外観に問題はないか一台一台確認します。生産台数が多いときは、時間との勝負という状況もあります。   「品質は製品に限ったことではありません。『納期を守ることも品質』なんです。時間の制約があるなかで、丁寧なものづくりと納期遵守という、2つのゴールを実現することは難しいことですが、そこはリーダーとしての腕の見せ所です」。     そんな池田さんのもう一つの顔は、地元野球チームのキャプテン。シーズン中は練習と試合で大忙しだったようです。     「残業のあとの練習は、もうクタクタですね。でも好きなことですから、つらくはありません。最近は妻と娘が試合を見に来ることもあり、娘にパパのかっこいい姿を見せたいじゃないですか」。   「野球での経験は仕事にも活かされています。キャプテンの役目は監督の采配のもと、チームをまとめること。リーダーの役目も同じく、班全体をまとめる班長のもと、メンバーとコミュニケーションを取りながら、楽しく、効率よく仕事のできる環境を作ることだと思います」。     最後に、仕事で一番大事なことを聞きました。   「楽しむことです。特殊班は若手からベテランまで、プロ意識を持った集団。大変な状況もチームで助け合い、むしろ楽しみながら乗り越えてきました。その経験が自分たちの自信となり、実力となります。メンバーがそれぞれ最大限の力を発揮すれば、大概のことは成し遂げられる。仕事を楽しむことが結果につながると信じています」。

Jan. 21.2019

Read more
image

クレーンが地上を走る!?

  クレーンの設計を手がける、システム設計グループの米山恭平さん。クレーンにはいろんな種類がありますが、今回は橋形クレーンについて教えてくれました。

Dec. 02.2019

Read more