kito global

キトー 360°

コミュニケーションの壁を越える

2020年12月15日

 

山梨本社工場で製品の組立を担当する深澤遼さん。令和2年度障害者雇用職場改善好事例において、優秀勤労障害者の努力賞を受賞しました。

 

 

「聴覚障がい者にとって、コミュニケーションの壁は高い。私の職場では対策として手話やUDトーク、ブギーボード、シルウォッチなどのツールを活用して、健聴者と同じタイミングで情報を共有しています。今回の受賞は私ひとりの力ではなく、キトーの一員であることが大きいと思っています」。

 

 

「キトーにはチームワークを大切にする文化があります。周囲と協力しながら、講師となって社内に手話を広めるなど、聴覚障がい者の働きやすい環境整備を推進してきました。その成果の一つが、毎朝の手話でのあいさつ。メンバー同士、声が届かないような距離での意思疎通に手話を活用しています」。

 

 

「今のコロナ禍では、マスクが壁になっています。ライン作業の時は距離を取って口元が見えるようにマスクを外したり、簡単な手話で会話をしたり。長く話をすることは難しいので、できるだけ短く簡潔に伝えることを心掛けています。自分が相手のことを理解するだけでなく、自分の発信が相手に正確に伝わっているかどうかを必ず確認しています。コミュニケーションは誰にとっても大事なことだと、改めて感じています」。

関連記事

働くお母さんの一日に密着!

2020年10月15日

今回は働くお母さん、大野春美さん(東部カスタマーセンター)…

もっと読む

新入社員の意気込みを”漢字一文字で”

2020年06月01日

  今春キトーに加わった15名の仲間たち。社会人生活のス…

もっと読む

研修体験記 in Japan

2020年02月17日

  キトーのグループ会社の一つで、アメリカ最大級のチェ…

もっと読む