kito global

キトー 360°

知られざるチェーンの世界その1 厳しく鍛えられている!?

2020年07月15日

キトーという会社を語る上で欠かせないキーワードがチェーンです。
チェーンと聞くと、アクセサリーだったり、玄関のドアについていたり、生活のさまざまな場面で使われているのが思い浮かぶのではないでしょうか。
キトーのチェーンは、リフティング用。すなわち、重たいものを吊ったり、固定したりします。だから、キトーのチェーンは「厳しく鍛えられて」できているのです。

これは原料となる鋼材。一本のワイヤ状の素材がこの後、引き伸ばされ、適切な長さに切断され、曲げられ、そして溶接で接合されてしまいます。いきなりハードにやられていますが、どうなっちゃうの?

チェーンの形になった後も、ハードなメニューが続きます。この写真、黄色に塗られているわけではありません。鋼材の色が変わるほどの高温で加熱され、直後に冷却されます。実はこれ、強靭なチェーンにするために大切な工程なのです。

最終関門である試験の一場面。厳格な基準にのっとって、強い力でチェーンが引っ張られています。こうして鍛えられて完成したチェーンは、晴れてキトー製品の重要部品として、お客様の安全な作業を支えることになるのです。

その2へつづく