kito global

IR情報

個人投資家の皆様へ

Who we are

キトーは、重量物を持ち上げ、運び、固定する作業に不可欠な、マテリアルハンドリング機器のリーディングカンパニーです。

1932年の創業以来、重量物を安全に運搬したいという、あらゆる産業で求められる最もベーシックな欲求に、製品の高い安全性と耐久性で応えてきました。

キトーの主力製品は、チェーンを使った巻き上げ機「チェーンブロック」や、荷を固定する「レバーブロック」、工場内で重量物を移動する「天井クレーン」。これらは世界のあらゆる国・地域の、あらゆる産業の現場でインフラ機器として使われています。

What we do

重力がある限り、重量物の取り扱いに伴う危険や負担は決してなくならず、危険な作業には安全に、楽に、効率的に行いたいというニーズが必ず伴います。キトーのテーマは製品の「安全性と耐久性の向上」と「小型軽量化」。創業以来、一貫して取り組んでいます。

キトーは1990年の米国子会社の設立を皮切りに海外進出を本格化。現在では海外14か国に事業子会社19社を展開し、海外からの売上はキトーグループ全体の約75%にのぼります。キトーの製品とサービスは、その安全性と耐久性がグローバルで評価され、主要マーケットである日本、米国、中国でトップシェアブランド(当社調べ)の地位を築いています。

キトーの製品は、先進国・新興国を問わず、あらゆる産業と経済発展のステージの、重量物を持ち上げるシーンで使われています。建設土木、製造業、運輸、環境エネルギー産業からエンターテイメントまで、世界のあらゆる地域・産業のあらゆる現場で、重力のある限りなくてはならないインフラ機器として活躍し、さまざまな創造やイノベーションの実現に貢献しています。

How we build value

時に過酷で、危険を伴う現場で使用されるキトー製品の一番のこだわりは、ユーザーが安全に、安心して作業できること。キトーは製品の安全性や耐久性を左右する重要保安部品をはじめ、多くの部品を山梨本社工場で一貫生産します。

製品の設計、開発、部品の製造から最終製品の組み立て、試験に至るまで、ほとんどの工程を自社で手掛け、高品質の製品を社会に提供します。