コーポレート・ガバナンス

キトーは、企業理念に則り、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を図るため、経営の透明性・公正性を確保し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレートガバナンスの要諦であると考え、 基本的な考え方に沿ってコーポレートガバナンスの充実に取り組みます。

コーポレートガバナンスの基本的な考え方

  1. 株主の権利を尊重し、平等性を確保します。

  2. 株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働します。

  3. 会社情報を適切に開示し、透明性を確保します。

  4. 経営の監督と執行の分離や社外取締役選任により、経営監督機能を強化します。

  5. 株主との間で建設的な対話を行います。