ホーム > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1条 基本方針

当社は、株主、機関投資家、アナリスト、メディア、そのほか全てのステークホルダーの皆様に向けて、迅速かつ正確な会社情報の開示を行うことで、当社への理解と適正な企業評価を促進することを情報開示の基本方針としています。

2条 情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の諸法令や東京証券取引所の定める有価証券上場規程等に従い、透明性、公平性、継続性を基本とした迅速な情報開示を行います。
諸法令や有価証券上場規程等が定める重要事実に該当しない情報であっても、株主・投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報や、当社を理解いただくために有用であると判断される情報につきましては、可能な範囲で、自主的に公平に開示します。

3条 情報開示の方法

当社が開示する情報は、東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム」 (TDnet)上で遅滞なく公開するとともに、当社ウェブサイトへの掲載、報道機関への発表を通じて、広く公平な情報開示に努めます。また決算説明会など各種IRイベントについては、当社ウェブサイト上で動画配信するなど、適時開示情報以外の当社経営方針等に関わる情報につきましても、適宜、適切な方法で積極的に公開します。

4条 沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩の防止と公平性の確保を目的として、決算発表までの4週間を沈黙期間としています。沈黙期間中は、業績予想の見通しや決算に関連するコメント、ご質問等に関する回答は差し控えさせていただくほか、個別ミーティングや説明会など自粛しますので、あらかじめご了承ください。ただし、沈黙期間中であっても、業績予想との差異が発生し、有価証券上場規程が定める基準に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、適宜、情報開示を行います。

5条 業績予想および将来の見通しについて

当社が開示する情報には、業績予想や将来の見通し等が含まれます。これら将来に関する予測は、現時点で当社が入手しうる情報をもとに合理的に判断したものであり、経済情勢や市場動向の変化をはじめとする様々な前提条件の変動や、その他の不確定要素により、実際の結果が予測と異なる可能性があります。また、第三者による当社の業績予想や将来の見通しにつきましては、当社が一切関知するものではありません。

Page top