ホーム > KITOについて > 経営戦略

経営戦略

地域戦略

アジアへ積極的に資源投入

  • 今後の主要な成長市場となるアジアの成長機会を積極的に獲得

市場展望

  • 世界市場は緩やかな成長。中国、アジアは2桁以上の高い成長率で拡大
  • 成長市場における競争環境は混沌。今後2-3年で勝ち組が明らかとなる
  • 成長市場の需要は価格指向からより安全・信頼の品質指向へ進む

北米・中国 : 当面の成長牽引市場を北米、中国と位置づけ、事業を拡大、サプライチェーンの現地化を推進 | アジア : 積極的にリソース投入を進め、成長機会を獲得、各市場におけるマーケットリーダーとなる | 新規開拓市場 : 新規市場浸透にむけた橋頭堡を確立し、将来の成長機会を獲得

製品戦略

最高の製品・サービスでグローバルシェア15%を超える

  • 成長市場においても、最高の製品・サービスのブランドを確立する
  • お客様の現場オペレーションにおける価値(生産性向上と安全への信頼=“Lifecycle Value”)を訴求・実現

基幹製品の競争力強化→新興国のボリュームゾーンを意識した品揃えの拡充 | ロープホイスト市場へ本格参入→チェーンホイストにロープホイストを加えた総合ホイストメーカー | クレーンシステムを拡充→ホイストクレーンにおけるワンストップサービスを実現 | サービス事業を再構築→安全性と生産性の向上を具現化するLifecycle Valueを訴求・実現 | 新事業領域を開拓→ワークステーションのマテハンを中心とした新製品を開発・獲得

Page top